経験するのとははっきりと違う

-

-

実際にパソコンのディスプレイの前に座って、いつも上がったり下がったりしている市場を眺めていると、エントリーをしなければならないという抑えようのない気持ちが生まれる状況も少なくないだろう。80-15-77

だけど、ぼんやりした思いつきで取引するのは決してしてはいけません。80-10-77

分かっていると思いますが、外国為替市場は24時間、いかなる時でもどこかの国で外国為替相場は変化しているし、レートも常時変動しています。80-8-77

しかしながら、何度もトレードを重ねているとその分損をする確率が高くなります。80-11-77

当たり前ですが、売り買いの回数を積み重ねる事で、少しずつ勝つ確率が50%、50%になるのは事実です。80-5-77

けれどもその事実は「はっきりしない勘で売り買い」とは別問題です。80-12-77

取引回数を積み重ねるということは、自分が「ここはいける」と感じた勝算を持ったうえでの売買回数を増やすという事です。80-20-77

何となく、休む間もなく注文を経験するのとははっきりと違う。80-17-77

相場の勝負に負けないためには、あなたがメリハリをつけることこそが必要です。80-9-77

「ここはいける」と感じた為替相場の時には、保持ポジションを買い増して、徹底的に利益を追求する。80-14-77

「ちょっと難しい外国為替市場で、どう上げ下げするのか考え付かないな」と感じた時は観念して持っているポジションをひとつ残さずクローズして放置します。

そのくらいのリズムをつけた方が、最後には注文は儲けられます。

外国為替相場の金言には「休むも相場」というものがある。

実にその通りだと思います。

為替とはいかなる時でもポジションを所有する事が大事ではなくどの売買ポジションも所持せず静観していることも事態によっては相場です。

そうであるならば、いつ、休むといいのでしょうか。

第1に言われるのが前に述べたように、現在の相場展開が明確に理解できない時です。

今からどうなるのか決める事が出来ない時は何も考えず行動すると、自身で思い描いたストーリーとは逆に相場が動いてしまい、損失を被ることになる。

こういった場合はポジションを整理して、見ているだけが良い方法です。

2番目に、健康状態があまりよくない時です。

コンディションと相場に関係ないと感じる方もいると思いますが現実には意外に関係あります。

体調がすぐれなければ市場のミスできないところで、必要な判断が出来ない場合があります。

気分が進まない時は、相場から離れる事も大事なことだ。


Site Menu

80-13-77 80-7-77 80-2-77 吃音 治したい
Copyright © 2000 www.brunettebeautybanter.com All Rights Reserved.