それだけマイナスになる危険が高まってしまう

-

-

実際にパソコンの画面の前で、止まることなく変動している市場を眺めていると注文をしたいという思いに駆られる状況も多いです。79-4-77

だけど、あやふやな感覚で売買することは断じてしてはいけません。79-3-77

知っての通り、外国為替市場は四六時中、どういう時でもどこかの為替相場はやっているし、レートも常時動いています。79-16-77

しかし、立て続けに注文を積み重ねると、それだけマイナスになる危険が高まってしまう。79-20-77

当然、取引の数を増やすことによって、次第に勝ち負けの確率が半々になるのは事実。QuSomeローション

けれども「明確でない感覚で売買」することとは別の話だ。79-6-77

取引回数を積む事の意味は自分が「ここがチャンス」と思いついた確信を持った場合のトレード回数を重ねるという意味です。すそわきが 対策

何となく、休む間もなく売買を積み重ねるのとは全く異なります。79-7-77

外国為替市場の駆け引きにi挑むには、自ずから深く考えて緩急をつけることが大事だ。79-14-77

「ここがチャンス」とよく考えたマーケットの時にはいっそのこと持っているポジションを積み増して、徹底的に儲けを求めます。79-19-77

「かなり難しい為替相場でどう上下するのか予想できないな」と感じた時は、観念して所持ポジションをひとつ残さず見切りをつけて何もしない。

このくらいのメリハリをつける方が、売り買いはうまくいきます。

市場の金言には「休むも相場」というものがある。

まったくその通りだと思います。

取引とは、いついかなる時でもポジションを所持する事が全部ではなく、何も持たないでじっとしていることも場合によっては外国為替相場です。

そうであるならば、どの場面で、休めばよいのだろうか。

ひとつは、前に述べたように、今の外国為替市場が具体的によく見えない時。

ここから円高になるのか、それとも円安になるのかが判断できない時はヘタに動くと、作った筋書きとは逆の方向に外国為替相場が推移してしまい損失を被る事になります。

こういう場面ではポジションを諦め、そのまま何もしないで見ているだけが良い方法です。

ふたつめは、自分の健康状態が悪いときです。

体の具合と相場に関係がない感じる投資家もいると思いますが実際には大きく関係がある。

体の状態がよくなければ外国為替市場の大少な状況で、必要不可欠な決断ができません。

気分が進まない時は、マーケットから目をそらす事も大切な事です。


Site Menu

Copyright © 2000 www.brunettebeautybanter.com All Rights Reserved.